本日の日記

今月の

2021年12月3日(金曜日)

師走に入って今日で3日目。
今月の花はポインセチア。
花言葉は「祝福」「幸運を祈る」です。
クリスマスを象徴する聖なる花、ポインセチア。ノーチェ・プエナ(聖夜)とも呼ばれています。
星型の葉っぱに赤の花、12月にはこのポインセチアが似合います。

松原照子の印

本日の世見

住居

2021年12月3日(金曜日)

  • 古代文明・歴史

毎年今頃になると、来年にポイントをおくようになります。
だぁってね、来年といっても来月なのですものね。
それと、「月刊SYO」の“世の中の動き”では、毎年ボリュームアップして書いています。
何を書くのか今はわかりませんが、災害のこと、特に地震については書きたいと思っています。
月刊SYOの購読者の皆様しかお読みいただけませんが、毎年、原稿用紙に思いを込めて書いています。
一度お読みいただけますと嬉しいです。
それとね、15日には「出逢いの一時」という動画も配信しています。
動画撮影は中々慣れませんが、“張り切り娘”となって頑張っています(笑)。
私ね、時折時代を越えて遠い昔に行きたくなるのです。
するとね、いろんな光景が見えたりして楽しくなっちゃうのです。
例えば、奈良時代らしき住居。
木々に囲まれた茅葺屋根がどこか懐かしい。
今の私ではこのような家には住めませんが、昔の人は家族仲良く肩寄せ合って暮らしていたのでしょう。
8世紀頃の東国では、縄文時代以来の竪穴式住居が一般的でした。
これに倉庫として利用していたのが、掘立柱建物。そして、その建物と井戸からなる村落が出来ていたといいます。
住居は人々の心を養う重要な場所です。
6畳一間に家族全員が寝ていた時代もありました。
いつ頃からなのでしょうね、子供部屋が出来たのは。
寝息が聞こえる距離って、愛を感じます。
引き籠りが増えていると言いますが、引き籠る部屋がない時代には、引き籠りはあまり聞いたことはありませんでした。

松原照子の印

loading