本日の日記

足冷えに

2021年5月8日(土曜日)

私ね、一年中電気毛布(小さ目)を足の所に置いて使用しているのです(笑)。
だってね。足が冷えて眠りにくいのですもの。
勿論、真夏も同様です。
このお話をすると、娘は「異常だ」と言いますが、眠ると足が冷えてしまうのです。
真夏にはクーラーは点けていますが、電気毛布ははなせません。
ところが、今は随分と改善出来ました。
1月の中頃から、次なるスープを朝と夜のメニューに入れているのです。
簡単に作れますから是非一度作ってみてください。
用意する野菜や茸類は自由ですが、私は玉葱、白菜、人参、ピーマン、椎茸、 舞茸を入れます。
このスープの特長はニンニクと生姜と鶏肉です(鶏肉の量も自由です)。
ニンニクは1玉を一個ずつ外し、生姜は細かく切る。
野菜や茸を切り、ニンニクの皮を剥くのが手間かもしれませんが、切ってしまえば、材料を鍋に入れてから材料が浸かる程度水を入れ、後は煮込むだけです。
レシピという程のものではありませんが、ウインナーがあれば入れ、気にせずにスープを作るだけ。
味付けは出汁の素とミリンと醤油。
私は三日分くらいの量を作っちゃいます。
今はこのスープのおかげで足冷えがかなりなくなりましたし、体が軽くなった気がしています。

松原照子の印

本日の世見

人類が頑張ってきた証

2021年5月8日(土曜日)

  • 古代文明・歴史

「大安」と書きたくなっちゃいます。今日は大安なのですもの。
大安は“だいあん”とも読みます。
元々は「泰安」とも書いていたのですよ。
大いに安し という意味で、万事に於いて吉。
成功せざる事なき日で、諸処の事柄に大吉とされているのですもの。大安の日は何故だか心が弾みます。
それとね、今日という日は「世界赤十字デー」でもあります。
今日あたり、皐月晴れだと気分も最高なのですが、あなたの所は晴れていますか? 今日も原稿用紙を前にすると、一番私に似合った時間を過ごせる のだなぁ~と思えて、心が凄く若返ります。
私ね、こうして書けることが幸せなのです。
書くことを仕事だなぁんて思ったこともありませんし、ノルマがあるわけでもありません。
とても有り難い時間を過ごさせてもらっているのです。
サテ今日は何が書けるのだろうかと原稿用紙を見ていますと、見えて来ましたよ。
ナイル河と東シナ海の間に起きた出来事が‥‥。
すると、その広範なる地域の至る所で、群れ集まっている人々の姿が見えて来ました。
人々は食糧を求めて土地を探し回っています。
彼らは獲物を求める狩人か、それとも採集する民の群れなのか。
時は紀元前8000年から4000年。
東経30度と130度を見ていると、誰かの声が聞こえました。
こうした民達の動きの中でも、人口の増加する地域がある。
ナイル河畔、地中海のアジア側沿岸、ヨルダン渓谷、シリアとトルコ東部、メソポタミア、ペルシア、インダス渓谷、中国の黄河地域。人類は今日まで生きるために頑張って来たことが、今日の映像でわかりました。

松原照子の印

loading