本日の日記

努力は

2020年12月1日(火曜日)

「師走」と耳にするだけで、今年も終わりだなぁと思います。
コロナ コロナで2020年は過ぎてしまいましたが、この一ヶ月、あなた様も元気で乗り越えてくださいね。
私は、動画配信をするようになって、少しでも若見えが出来るように顔体操をしたり、マッサージをしたりと努力を始めました。
でもね。
効果は 0。
だからといってやめるわけにもいかず、努力をしています(笑)。

12月は揺れそうに感じます。お気をつけてお過ごしください。

松原照子の印

本日の世見

嵌ってしまいました

2020年12月1日(火曜日)

  • 生活

私 嵌っちゃたんです。
何故これほど嵌ったのかわかりません。
毎朝この曲を聴きながら、朝のスタートが始まります。
その歌のタイトルは「恵比寿」です。
歌い手さんの名は真田ナオキさん。
惚れちまった人‥‥。
この年になってもこんなことを言われたいのかもしれませんが、うぶな二人のデート風景が歌詞に詰まっていて、聴いていると若返るのです。
作詞・作曲は吉幾三さん。
どれくらいぶりでCDを買ったのかわかりませんが、クラシック大好きの私が、この歌に心を奪われました。
スマホでも聴けますので、一度聴いてみてください。
どこがいいのかなぁと思われる方もいるかもしれませんが、純な二人のデートを身近に感じてみてくださいね。
吉幾三さんってお心は若いのですね。
こんな作詞が出来るのですもの。
このCDにはもう一曲入っているのですが、「昔に…誘われて」という曲で、この歌の作詞・作曲も吉幾三さんです。
とても爽やかな曲で、この歌も大好きになりました。
この歌の中に「元気でいますか 柿をくれたおばさん」という部分があるのですが、何となく心がホッとします。
私がこれほど嵌ったのには理由があるのかなぁと思ったのですが、未だに嵌った理由はわかりません。
初めて聴いた時には、すでに虜になっていました。
「惚れちまったの 俺」の部分が、自分も言われたくなったからかもしれません。
12月に入り、今年ももうすぐ終わります。
来年は、コロナ禍から脱出出来て、世界中に笑顔が戻りますように。

松原照子の印

loading