本日の日記

恵方巻き

2023年2月3日(金曜日)

今日は節分です。
「恵方巻き」、今では全国に波及していますが、発祥の地は大阪です。
節分の夜、その年の福がやって来るとされる恵方に向かって、太巻き寿司を無言でガブリと丸かじりするのです。そうするとね、一年を無病息災で過ごせると言われています。
あなたも太巻き寿司を召し上がってみては如何ですか。

松原照子の印

本日の世見

節分の日に

2023年2月3日(金曜日)

  • 古代文明・歴史

「鬼は外~ 福は内~」
子供の頃は家々からこのような声が聞こえて来ましたけれど、今は節分も随分と様変わりいたしました。
節分は旧暦で一年最初の二十四節気の日とされた立春の前の日です。
季節の変わり目にやって来るという鬼。平安時代の人々はどのような思いで今日という日を感じたのでしょうか。
「ついな」と呼ばれる儀式が生まれた平安時代も、人々はこうした行事をすることで家族を鬼から守ったのですね。
前日の夜に神棚に大豆を供えることから、この儀式は始まりました。
その豆は福豆と呼ばれ、撒くのは年男か、厄年の男性か、一家の主です。
「鬼は外」と外に向かって撒き、「福は内」と言いながら家に向かって撒きました。
撒いた後は招いた福を逃がさないように、戸や窓を閉め、家の中に撒いた豆を年の数や、数え年の数だけ食べたものですが、そんな行事を思い出される人も少なくなった気がいたします。
平安時代がスタートしたのが782年。元号は延暦(えんりゃく)でした。
平安時代には、漢字を変形した「ひらがな」が使われるようになったのですが、漢字は男文字、ひらがなを女文字と言っていたのですよ。
男の人が「ひらがな」を使うことは恥ずかしい事とされていたのですが、人の心の細やかな部分が漢字では表現出来ないと考えた人が紀貫之(きのつらゆき)でした。彼は『土佐日記』の書き出しにひらがなを起用しています。
タイムマシンで平安時代に出掛けたくなりますが、貴族の暮らしや貴族の心の動きが綴られた紫式部の『源氏物語』は、現在の世でも通じる人の心の有様がわかります。
又、見たまま、思ったままが書かれているのが清少納言の『枕草子』です。
あなたも、今宵は平安時代にお出掛けしてみては如何ですか。
だって今日は節分なのですもの。 

松原照子の印

loading