本日の日記

自然に

2021年10月25日(月曜日)

お天気が続くと、雨が降って欲しくなる。
雨が降り過ぎると、お天気が懐かしい。
自分勝手な気持ちと分かっていても、自分都合で自然界にまで注文を付けてしまう。
自然界に対してもこれなのですから、日常はというと、もっともっと自分の気持ち次第で不満が出てしまう。
今日くらいはのんびり行きましょうよ。
何事も自然に、自然に!

松原照子の印

本日の世見

空を見上げて

2021年10月25日(月曜日)

  • 宇宙・地球・サイエンス

曇り空が続くと青空が恋しくなる。
青空はお日様の顔を見せてくれる。
秋の青空は清々しくて気持ちがいい。
歩いていますか、テクテクと。
秋空の下には、心をトロトロにしてくれる温もりがあります。
楽しみましょうよ、青空の秋。
私は空を見上げるのが大好きです。
だぁってね。
空にはパワーがあって、両手を広げて大きく深呼吸すると、体中に自然界の気が入って来るのですものね。
自然界の気というのは、都会の中にいてもあるのですから、自然豊かな場所なら無限大であります。
昼間は顔を隠している星達も、夜になるとキラキラ星が空一杯に煌めきますが、残念なことに都会では、お星様の数は数えることが出来ます。
今日は、空には癒しのパワーがあることを知って欲しいのです。
照明器具が、夜でも昼のように照らす世界で生きていますと、星群の凄さには気付きません。
だからこそ、お姿は少なくても、お星様のパワーをいただきましょうよ。
太陽の年齢は約138億才。
太陽が歴史を創り始めてから、広大な宇宙では至る所で星が寿命を終え、新たな星が誕生しています。
宇宙への旅が、これからはますます盛んになることでしょう。
宇宙旅行が現実のものとなる中で、事故も起きることでしょう。
神にも思える太陽だって、いつ死を向かえるかわかりません。
まして人間がすることです。事故が起きて犠牲になる人も出る、そんな思いにもなりますが、生きることで精いっぱいの人々には縁の薄いのが宇宙への旅です。
空を見上げて、心を清めるパワーをいただくだけでありがたいことです。
宇宙旅行が増えると、空が病気になりそうで心配です。

松原照子の印

loading